Skip to Content
[Page Content]

障害のある有権者の権利

Rights for Voters with Specific Needs

Learn about voting rights for voters with disabilities.

法律toは何ですか?

4つの連邦法は、特定のニーズを持つ障害者や高齢者の有権者にとって特に重要です。

  • 1965年の投票権法:支援を必要とする全ての有権者は、有権者の雇用主またはその雇用主の代理人、または有権者の組合の役員または代理人以外の、有権者が選択した人物から支援を受けることができます。
  • 1984年の高齢者・障害者投票アクセシビリティ法:「連邦選挙における登録施設および投票センターへの高齢者および障害者のアクセス」を必須とすることにより、投票の基本的権利を促進します。
  • 1990年のアメリカ障害者法(ADA):障害を持つ個人が公的機関によって実施されるサービス、プログラムまたは活動の恩恵に参加し享受できるよう平等な機会を提供するために、必要に応じてプログラムへのアクセス、政策の合理的な変更、および補助的な援助とサービスを提供することを公的機関に要求します。
  • 2002年のアメリカ投票支援法(HAVA):2006年までに投票センターでのアクセス可能な投票技術に関する条例を含む、選挙過程へのアクセスと参加の機会を増やす新しい連邦法。

Los Angeles郡公認記録係/郡書記の目標は何ですか?

RR/CCの目標は、すべての人々に投票解決策を提供し、全ての選挙において有権者が100%参加できるようにすることであり、全ての投票センターが、非依存的で個人的な投票を求める全ての有権者にとって便利なツールで完全にアクセス可能であることです。

  • アクセス可能な投票センター
  • 車椅子でアクセス可能な投票用紙記入用端末
  • 投票センターでの大きな文字と段階的な投票手順
  • 投票用紙記入用端末のアクセシビリティ機能(音量と速度、コントローラーパッド、ユーザーインターフェイスの明暗、文字サイズ、画面角度の調整)
  • 聴覚障害者用のTDDサービス
  • 州および郡の投票法案の入った音声CD
  • 不在者投票/郵便投票オプション
  • 投票過程の全てのステップでの投票センター係員による支援
  • 同日登録
  • 有権者への働きかけのプレゼンテーションと機器のデモンストレーション

新しいアクセス可能な投票体験

投票センターは投票所よりも多くのオプションを提供するようになりました。RR/CCはテクノロジーの利点を利用して、簡単でアクセスしやすい投票体験を提供しています。 選挙はもはや1日のイベントではなく、障害を持つ有権者は別の投票ブースで投票する必要がなくなりました。全ての人々のための投票解決策(VSAP)モデルは、障害の状態に関係なく、全ての有権者が直感的に使用できアクセス可能であるよう設計されています。 投票用紙記入用端末は、アクセス可能で便利な個人的で非依存的な投票体験を提供します。

アクセシビリティ顧問

Los Angeles 郡の投票アクセシビリティ諮問コンサルタントは、高齢の市民や障害のある市民の有権者登録や選挙問題に関する情報を提供するよう当部門を支援します。

RR/CCのコンサルタントは、Los Angeles 郡の障害者公民権課(DCR)の上級副代理である Angela Davisであり、郡内のすべての市民が選挙過程を利用しやすくする方法について同部門に助言しています。 彼女の連絡先は(213)202-5826 です。

投票アクセシビリティ諮問委員会の詳細をご覧ください。

[Original Content]
Alert - COVID-19

The Registrar-Recorder/County Clerk will close all of its offices to the public effective Monday, March 16 as a precautionary measure to help slow the spread of the Coronavirus (COVID-19).

Due to the ongoing COVID-19 health crisis, all mail and online orders are experiencing processing delays. Thank you for your patience and please click here for updated information regarding COVID-19.