Skip to Content
[Page Content]

provisional-ballot

California州では1984年以来暫定投票が行われています。暫定投票は、通常の投票と同じように数えられます。唯一の違いは、暫定投票用紙の場合、選挙担当官がその投票を数える前に有権者の情報を確認するよう注意を引くため、ピンク色の封筒に入れられます。暫定投票は、適切に登録を済ませた有権者の投票する権利が拒否されないようにするものです。また、有権者が同じ選挙で間違って2度投票することがないように、選挙担当官が確認するものです。

暫定投票を行うように要請される理由とは?

以下に該当する場合は、選挙担当官から暫定投票を行うように要請されることがあります。

  • 投票するための登録を行ったが、氏名が有権者名簿に記載されていない。
  • 郵便投票の有権者だが投票所で投票することを希望しており、しかし、郵便投票用紙を持っていない。
  • 登録している以外の投票区で投票することを選択した。
  • 連邦選挙に初めて投票する有権者で、有効な身分証明書を提示できない。

判断がつかないときは、暫定投票を行うようにします。投票所で遭遇する可能性のある問題の種類に関わらず、暫定投票を行うことは有権者の権利です。投票が中止されることは決してなく、暫定投票は選挙日に全有権者に投票する機会を確実に提供するための方法です。

[Original Content]