Skip to Content
[Page Content]

軍人及び海外在住の有権者は 連邦郵便はがき申請書(FPCA)を使って 郵便投票(不在者投票)用紙を要請できます。

AB 1589

第1項.選挙法規の第3120項は以下のように修正された。

3120. 選挙担当官は、投票登録済みの軍人または海外在住の有権者のそれぞれからEメールアドレスを要請します。Eメールアドレスを提供した軍人または海外在住の有権者は、その有権者が投票する権利を有するすべての選挙における投票用紙を電子的に配信されるよう要請できます。選挙担当官は軍人または海外在住の有権者に対し、その有権者が投票する権利のあるすべての選挙において投票用紙を電子的に配信します。

軍人及び海外在住の有権者としてLos Angeles郡に認識されるためは、FPCAに必要事項を記入し、郵便投票用紙を要請して投票しなければなりません。

  • 連邦郵便はがき申請書(FPCA)を入手する
  • FPCAの記入
    • この申込書の記入に関する質問又は補佐は、 連邦投票支援プログラムウェブサイトをご覧ください。
    • FPCAに必要事項を記入したら、申請書を再度見直して、すべての情報が正しく記入されていることを確認してください。
  • 3つのFPCA提出方法
    • スキャンした申込書をmilitaryoverseasAV@rrcc.lacounty.govにEメールする
    • 申請書を(562) 462-2354にファックス送信する。
    • 下記の住所に申請書を郵送する。

      Los Angeles County Registrar-Recorder/County Clerk

      Vote by Mail Section

      P.O. Box 30450

      Los Angeles, CA 90030-0450

    注意:FPCAは、選挙日の七(7)日前までに郡公認記録係/郡書記事務局に受領されなければなりません。米国外に在住する有権者は投票用紙が遅れずに届き、それを期日までに返送できるように、できるだけ早く申請することが推奨されます。投票済みの投票用紙は選挙日の午後8寺までに事務所に届かなければなりません。
  • 投票用紙の受け取り: 郵便投票用紙は、公式投票用紙見本に同封されて届きます。

  •  

[Original Content]